Bambooo!


WordPress for iOSが2.8にアップデート

「WordPress」の開発チームは5月18日(現地時間)、iOS版のWordPressを2.8にアップデートしたと発表しました。WordPress for iOSはWordPressで作成した企業サイトやブログ等をiPhoneやiPadから直接更新できる専用のアプリケーションです。今回のアップデートではやっと日本語化されました。また安定性の強化やヘルプとエラーメッセージの改善が行われたほか、新たに2つの機能が追加されています。

◎ クイックフォト
アプリのトップページの下部に追加された「クイックフォト」ボタンをタップするとカメラアプリが起動し、撮影後、使用ボタンをタップすると投稿画面が表示されます。後はタイトルと本文を入力して公開ボタンをタップすれば、写真付きのブログを簡単に公開する事ができます。この機能は現在のところはiPhoneでのみ利用可能という事です。

qp

◎ 統計機能
ブログのページビューや検索ワードを1日、1週間、1カ月の期間別にグラフで表示する事ができます。もちろんページ毎のアクセス数とリファラ、検索キーワードも集計してくれます。これを利用するには本体にWordPress.com Statsというアクセス解析用のプラグインをインストールしておく必要があります。セットアップの際API keyも必要となりますのでWordPress.comのアカウントも必要です。(登録は無料)ちなみに現在のWordPress.comのユーザー数は2000万人以上となっていました。圧倒的に英語圏で使用されているようです。【統計ページ

▼iPadで見るとこんな感じ
stats

私の場合はiPadのブラウザで直接WordPressの管理画面を開いて編集・投稿する事が多いのですが、アプリの場合は起動も早く操作がシンプルなので単純にテキストベースの原稿であれば利用価値はあるのではないかと思いました。

2011/05/20 Posted in 気になるニュース by AT (この記事は投稿から8年が経過しています)

iPadでFlashサイトが見れるブラウザ「Puffin」を試してみた。

最近はすっかりFlash離れをしていたのですが、iPadやiPhoneでFlashサイトが見れるブラウザアプリがあるという事で早速試してみました。アプリの名前は「Puffin」現時点では何と115円で購入可能です。嬉しい事にユニバーサルアプリなので、一本でiPhoneでもiPadでも使うことができます。今回はiPadでのみの動作検証です。Flashファイルをサーバー側で一度レンダリングしてその結果をクライアント側に表示しているらしいのですが、思いのほかレスポンスはいい感じです。もちろんPC並みに滑らかな再生はできませんが、何よりもiPadでFlashが表示される事に新鮮さを感じます。試しにGoogle Analyticsを表示させてみましたが、こちらはかなり快適です。普通に見れちゃいます!問題なく実用レベルではないでしょうか。ついでにFlashをバリバリ使用しているディズニーサイトも閲覧してみました。レンダリングに少々時間がかかりますが、こちらも問題なく表示できました。もちろん音も再生できました。CNN.COMでもインラインでFlash動画が再生できました。そして何と言っても一番試してみたかったのがQUICK CART(Flashカートシステム)です。結果は表示とカートに商品を入れる所までは問題なかったのですが、残念ながら日本語がうまく表示できませんでした・・・。その為、住所日本語チェックでエラーになり先に進む事ができませんでしたが、その他を除けば動作するような感じです。ただFlash内で入力する時にモードをキーボードにする必要があるのでちょっと面倒ではあります。

▼モード選択
3

▼カート内の商品名が表示されない・・・。
1

▼支払方法や住所が文字化け・・・。
2

QUICK CARTは残念な結果になってしまいましたが「Puffin」はブラックベースでデザインも良いですし、タブ表示できるので便利です。何よりもとりあえずFlashが表示されるのでストレスを感じません。同様のアプリでSkyfireが有名ですが、ユーザーレビューを調べてみると、どうやらSkyfireよりもパフォーマンスはいいようです。おまけに「Puffin」の方が安いです。シンプルですが、もしかしてSafariより使い易いかも?なんて思ったりします(笑)今後の更なるパフォーマンスの向上に期待がかかります。iPadでFlashサイトを是非見たいという方は、試してみてはいかがでしょうか。

2011/05/12 Posted in 気になるニュース by AT (この記事は投稿から8年が経過しています)

iPad版『Wired』誌がとってもクール!

wired
まもなく登場から1年を迎えるというiPadアプリ『Wired magazine』ですが、販売部数は累計で105,000部。ひと月20,000部-30,000部で推移しているといいます。ちなみにWIREDの通常価格は、iPad版が1冊3.99ドル程です。紙代や印刷・郵送コストがかからない分、割高ではないかという声も多いようですが、果たしてどうなのでしょうか。

さて今回、なんと5月号が1ヵ月間、無料でダウンロードできるという事で早速ダウンロードしてみました。ちなみにAdobeがスポンサーになっているとの事です。iPad版『Wired』誌の制作にもAdobeの提供する電子コンテンツ作成ツール『Digital Publishing Platform』が使われているといいます。InDesignで作った既存の印刷データを元にiPhone、iPad向けのデジタル版を効率的に制作できるというわけです。InDesign CS5が無いと高品質なレイアウトを組む事が難しいですし、Digital Publishing PlatformがないとiPhone、iPad向けのクオリティの高いパブリッシュは困難かもしれません。それは何とかFlashが搭載されないiPhoneやiPadへの参入を模索した結果でもあるかもしれません。

感想ですが、さすがにファイルサイズがかなりデカイのでダウンロードにはちょっと時間はかかりますが、一言でいうと「とってもクール!」です。紙面構成のデザインや色使いはもちろんですが、さり気なく動く広告ページやインタビュー記事での動画や音声の使い方がうるさく無く、何とも心地いい感じで久々に刺激を受けました。勉強になります!何だか昔雑誌の付録についていたCD-ROM(マルチメディア)を思いだしましたが、iPadのUIが更に操作性や見栄えを良くしていて、これこそが電子マガジンって感じです。単純にスワイプやピンチ操作を取り入れただけの印刷版の焼き直しでは無く、インタラクティブな要素がふんだんに取り入れられています。
ますます電子出版の将来性を感じさせてもらいました。欲を言えばiPadのディスプレイ解像度がiPhone4同様(Retinaディスプレイ)になると、更に文字や写真が美しく見えるのでしょうね。そして今後技術の進歩によってファイルサイズが押さえられるようになれば更にいいです。また5月号では限定で『Twitter』や『Facebook』で共有できるアプリが組み込まれております。ご興味のある方はこの機会に是非ダウンロードしてみては如何でしょうか。

2011/04/21 Posted in 気になるニュース by AT (この記事は投稿から8年が経過しています)
« 前ページへ次ページへ »